過去の記事一覧

  • 異なる色の青と緑の目を持つ不思議な子猫には74,000人のファンがいます

    異なる色の青と緑の目を持つ不思議な子猫には74,000人のファンがいます。 パムパムは、異なる色の青と緑の目を持つかわいらしくて面白い子猫です。その写真はInstagramで非常に人気があり、74,000人のファン…
  • 見て驚いた!ウェディングドレスの最も驚いたが面白いデザイン。

    女性のためのウェディングドレスは要するに人生において最も幸せな思い出で、その日は自分の人生の中で最も美しい瞬間です。人生の最も幸せな記憶かもしれません。そして壮大なウェディングドレスは、私たちの女の子にとって最も心配なこ…
  • インド初の世界遺産都市の見事な建築

    インドの都市・アフマダバードの15世紀の城壁都市は、インドのグジャラート州のサバマティ川の東岸にあります。バドラ城塞、モスク、墓、ヒンズー教寺院およびジャイン寺院は、スルタン時代の建築遺産として祝われています。 ア…
  • BBQ:アメリカはやはり何かが違う①

    さすがアメリカ。 その発送はなかった。 BBQといえば、キャンプでやるイメージがどうしても強いですが、海外だと普通に日常的にグリル料理として行われています。 しかし、ただ、お肉や野菜をま焼かないのがアメリカです…
  • 巨大迷路だにゃー

    段ボールでできた巨大迷路。 迷路は確かに楽しいけど… 細かすぎてお手上げです。 迷路好きの飼い主さんが子猫用の巨大迷路を作成。 迷わずゴールできるかな? …
  • 荒ぶる猫

    あまりの衝撃に荒ぶる猫たちの反応。 びっくりするにゃたにゃたにゃたたたたたた… てしてし…おわかりだろうか。このあとの展開を。 まじで驚く5秒…
  • イタリア初:世界で最も美しいスターバックス

    アメリカの大手スターバックスは、エスプレッソの本場であるイタリア初の支店をオープンしました。 アメリカ・シアトルを本拠地にしているスターバックスに対し厳しい評価で、イタリアは年間約60億杯のエスプレッソが消費されて…
  • これで今年の冬も安心です。

    雪道、濡れた道路、ぬかるんだ道を車で走行中に一旦停止してしまうとそのままスリップして進めないことありませんか? 【The Portable Tow Truck】はその名前の通り、スリップした車のタイヤを補助…
  • これは素晴らしい!最高のゲームチェア

    ゲームセンターでシュミレーションゲームをやるとき、ハンドルを握り座席が画面内の動きに合わせて振動したり横や縦に動いたりする場合がありますが、もしもその動きが自宅で再現できたら最高ですよね! これはmotio…
  • 絶対に壊れない!?究極のUSBケーブル

    スマートフォンやタブレット端末等をUSBケーブルを経由して充電すること多いですよね。 でも、持ち運ぶために丸めたり結んだり、使用しているうちに差込口の接触が悪くなって充電がうまくいかない!なんてこともありま…

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    About Sundarbans Sundarbans is a collection…
  2. 公園やイベントなどで会場や道路に設置されている公衆トイレや簡易トイレ。狭くて薄暗くて、どことなく嫌な…
  3. スマートフォンは紛失してしまってもGPS機能が付いているので、センターや他の端末から問い合わせて位置…
ページ上部へ戻る