アボガドは健康のスーパーフード!

近年、アボガドは健康を保つ食べ物としても宣伝されています。

そう、日常の些細な食事の中でも、食べ物を一つ、一つの選択で全く違う未来があるのです!

丸々1個食べなくても、ブリトーやサンドイッチ、ワカモレなど、少しの量でも食べ続けることで体に変化が…

1

では一体どんな効果があるのだろうか?

少量でも毎日アボカドを食すべき4つの理由!

1.心臓病のリスクを減少させることができます。

米国で心臓病は、約2700万人もの人がかかっている病気の一つである。その心臓病には良いとされているのは、果肉の80%に含まれるリノール酸やオレイン酸という不飽和脂肪であり、(主に一価不飽和脂肪が多い)その成分は動脈硬化を予防し、心血管系に良いと示されています。さらにHDLコレステロール(善玉コレステロール)を維持し、潜在的にあなたのインスリンを改善し、LDLコレステロール悪玉コレステロールを減らす効果があります。また、その栄養価の脂肪含量はカロテノイドなどの抗酸化剤をたっぷり含む栄養素(例えば、カリウム及びルテイン)が含まれており、これらの化合物は、改善された血流を促進しながら、血管の炎症および酸化ストレスを防ぐことができます。

2.体重を増加を防ぐ

アボカドは、脂肪を分解するビタミンB2が豊富のうえ、上記の血液サラサラ効果、整腸作用、β-シトステロールの総合作用により、無理なく体脂肪を落とせ、健康的なBMIを維持することができます。最近の研究ではアボカドは満腹感を持続し、食事中、人の悪い意欲を低下させるという事が示されました。いくつかの研究では低脂肪の減量ダイエットよりも、心のための健康面で評価されており、体にも精神的にも良い効果が見られているという。まさに理想のダイエット食品!

3.がんのリスクを減らす効果がある

抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれ、癌の予防に役立ちます。アボガドはグルタチオン等の解毒酸素を活性化させる誘導能力の高いことが報告されていて、さらに抗がん作用の強いファイト・ケミカルと呼ばれるルチンやカロチノイドが非常に多く含まれています。また、乳癌および前立腺癌のリスクを減少させるのにアボカドが有望であるというな結果も示していて、さらに、予備的研究では、アボカド由来するFAVの特定のタイプは、急性骨髄性白血病細胞の抗癌効果を発揮することが可能であることを示していて、より決定的な結果を引き出すためにアボガドの成分についてさらなる研究が行われる必要があるとも言われているそうです。

4.老化防止+お肌や目を保護

アボガドにはリノール酸、リノレン酸が含まれていて、アボガド半個で1日の所要量を充分摂取し、お肌を乾燥から守ってくれるセラミドを作り、お肌をツルツルにします。そしてアボガドの中にはルテインとゼアキサンチンという年齢関連の眼の衰退を遅くし、視力障害を防ぐことができる色素が含まれている。また、これらの2つの栄養素は私たちの肌を滑らかにし、健康維持、酸化UV損傷に対する緩衝としても働いています。

 

良いことだらけの食べ物 アボガド!

是非明日からの食事の選択にアボガドをお勧めします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インド…
  2. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  3. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
ページ上部へ戻る