ハローキティ映画化

10921501w

東京、7月2日(EFE).-ハローキティが大画面に自分の飛躍を与え、2019年に全世界で発売されるアニメーション映画で主演しますが、有名な猫EFEの日本企業サンリオ、クリエイター今日を確認しました。
ハローキティとは、80年代にいくつかの日本映画で主演し、いくつかのシリーズの主人公となっているが、これは同社が彼の最も有名な文字の他を含む除外しないで、最初の長いネコを、なり、説明サンリオの広報担当者。
日本企業は、昨年40周年を迎えたネコアイコン、周りの帝国を建て、その顔や姿はまだ衣類、アクセサリー、ステッカー、ぬいぐるみ、文房具、ワイン、クレジットカードのすべての種類に表示されています、ギター、大人のおもちゃ、飛行機、さらには病院。
映画の公開で、彼は国際的な現象サンリオハローキティ、ならびにリトルツインズスター、マイメロディとケロケロKeroppiを含むその中であなたの他の文字の事業を強化したいと考えています。
映画に猫を持って来るためにプロジェクトは20,000億円(1.46億ユーロ/1.62億ドル)30,000億円、製造工程を含む(2.19億ユーロ/2.43億ドル)、費用がかかりますし、広告、ビジネス、毎日、日経は述べています。
その開発のために、サンリオは、会社Rehito鳩山の最高経営責任者(CEO)率いるデラウェア州の米国の都市で新しいユニットを確立しています。
日本の会社は、彼の文字の他の人と新しいフィルムを作成検討し、今後のプロジェクトのための資金を調達するための基盤を確立しています。
今年1月サンリオは、彼の文字ミスターメンとリトルミス3「ナイトミュージアム」のショーン·レヴィ、責任によって生成されるフィルムのためのフォックスアニメーション米国の研究の権利を与えた – そのこれは、2017年と2018年の間にリリースされます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  2. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
  3. フランス料理といえば、トリュフやフォアグラといった高級食材を使用した料理を思い浮かべますか? それ…
ページ上部へ戻る