ビルゲイツ:ワクチンが見つかった場合、豊かな国は2021年に通常に戻ります

マイクロソフトの億万長者の共同創設者であるビル・ゲイツ氏は本日、Covid-19に対するワクチンが機能し、準備が整い、広く配布されれば、裕福な国々は2021年末までに正常に戻る可能性があると述べました。

同時に、WHOの責任者は、 Covid-19に対するワクチンは、詳細に立ち入ることなく、年末までに準備が整う可能性があると述べました。

「来年の終わりまでに、事態は通常に非常に近くなる可能性があります。これが最良のシナリオです」と、64歳のゲイツ氏はWSJ(ウォールストリートジャーナルCEO評議会)に語りました。

「これらのワクチンが効くかどうかはまだわからない」とゲイツ氏は語り、十分な量のワクチンが生産されるまでには時間がかかることを指摘し、「米国内および米国と他の国との間の流通が主要な論点になるだろう」と強調しました。

Pfizer / BioNTechとAstraZenecaがオックスフォード大学と共同で開発しているワクチンは、COVID-19を予防するための西側での規制当局の承認競争における最有力候補の2つです。

ゲイツ氏は、米国では、ワクチンの準備ができたときにCOVID-19のワクチン接種を受けることへの抵抗を減らす方法を考える必要があると付け加えました。

ロシアと中国のワクチンについて尋ねられたとき、彼は西洋の企業がフェーズIII研究にさらに進んでいると答えました:

「1つのロシアの構造と6つの中国の構造は確かに絶対的に有効な構造であり、西洋の企業によって作られたものといくつかの類似点がありますが、西洋の企業はこれら3つの研究の実施においてさらに進んでいます。」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インド…
  2. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  3. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
ページ上部へ戻る