アメリカの食卓:100年分の家族の食卓

100年の間で、家庭で食べる夕飯は劇的に変わりました。


これは1930年から1950年の頃のとある夕食。質素と言うか、お昼のような感じですね。


これはTV Dinerと呼ばれるライトミールのセット。今でもアメリカの夕飯として人気があります。ただ、当たり外れが激しいらしいので試すときは要注意。あと、TVですがどこかのスーパーのブランドとは関係ないです。


見た目としてはヘルシーですね


炭水化物のかたまり。まかろにはチーズであえてるのでカロリー爆弾です。


メキシカンがブームだったのでしょうか。こちらもさっきのに比べてヘルシーです。


日本食ブームだったんですね。海苔は日本人しか消化酵素を持ち合わせてないらしいですよ。あと海外では気持ち悪いってことで内側に巻かれます。

https://youtu.be/–eC2x5siSg

この100年で結構激しく夕食が変わっていきました。これがメインで、パンやスープがあったのか謎ですがこれしか食べない夕飯もありそうですね。食べてみたいものはありましたか?
作れそうなら作ってみるのもありですね!

引用
https://www.youtube.com/user/GlamVideoStudio

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  2. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
  3. フランス料理といえば、トリュフやフォアグラといった高級食材を使用した料理を思い浮かべますか? それ…
ページ上部へ戻る