世界最大級のゴシック様式の宮殿の中に

フランスの太陽がいっぱいの南には、絵のように美しいアヴィニヨンの街は、かつてはカトリック教会の権力の座と、ローマの政治的圧力を逃れた教皇の家でした。

ロン川のほとりに建てられたアヴィニョンは、14世紀に国際的な隆盛を遂げました。その当時、この街はフランスの領土には属しておらず、法王の臣下であったアンジ公爵の領地でした。これにより、教皇クレメンス5世は、教会を中心とする安全な場所とみなしました。当時、イタリアは政治的な混乱によって食い尽くされていたが、アヴィニョンはキリスト教世界の中心地としても見られました。

教皇の居住地としてのアビニヨンの役割は比較的短期間であありました。(アヴィニョンの教皇庁 – 「バビロニアの捕虜」より)教会の中では議論の余地があり、1309年から1377年にかけてしか続かなかったが、街に永続的な印象を残しました。

1335年から、教皇の住居として壮大な宮殿が建設されました。Palais des Papesは、20年も経たないうちにヨーロッパで最大規模のゴシック様式の宮殿であり、イタリアの画家Matteo Giovannettiによる複雑なフレスコ画のコレクションの展示のほか、時代の建築の息吹を生み出しています。

教皇が1377年にローマに戻ってくる前に、7人の教皇が宮殿に住みましたが、それは教会におけるアヴィニョンの街の役割の終わりではありませんでした。代わりに、神聖な協会の枢機卿はアヴィニョンから支配するために “反教皇”を選びました。その大きな分裂は、その時から1417年まで続きました。
アヴィニョンの宮殿は、革命家によって押収されるフランス革命までの間、教皇の財産でありました。その後にナポレオン政権下で軍の兵舎と刑務所に改修されました。
今日、訪問者は宮殿を散策し、中世の教会や国家の陰謀当事者として描かれ、教皇の私室の前を回って歩くことができます。この都市の歴史的中心部は、建築と文化の重要性から1995年にユネスコの世界遺産に指定され、博物館として保存されました。

この宮殿は、1150年に建てられた聖墳墓の前にあるノートルダム大聖堂の大聖堂を含む他のモニュメントに囲まれています。大聖堂の鐘楼の上には、周囲を取り巻く聖母マリアの20フィートの大きさの金箔の絵画があります。遠く離れていない、司教の邸宅であったプチパレには中世とルネサンス時代の膨大な作品が収蔵されている博物館があります。

ローマのパノラマの景色を楽しめる公園であるRocher des Domesは大聖堂から徒歩ですぐです。白鳥や他の水鳥が住んでいる池を中心とした緑地は、夏の熱から観光客や地元住民に緑色の避難場所として提供しています。

また、コンプレックスに隣接しているのは、かつてローヌに広がった聖ベネゼ橋の残骸です。今日は元の22のアーチのうちの4つだけが残っていますが、造りはまだ十分であり、訪問者はまだ暫くの間、橋脚に沿って散策することができます。

訪問するには…
アヴィニヨンは、プロヴァンス地方を探索するための拠点としても人気のある観光地です。観光インフラは整備されており、車、電車、または飛行機で街にアクセスできます。気候は比較的温暖な気候ですが、最も快適な天候と夏の群衆を避けるために、春または秋に訪れることを検討してください。

歴史的な街でフランスともイタリアとも関わりのあるこの場所でのんびりと遅い夏休みを感じる形で行くのがいいのかもしれませんね。

引用
https://www.nationalgeographic.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インド…
  2. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  3. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
ページ上部へ戻る