なぜマンハッタンには高層ビルのエリアと高層ビルが無いエリアがあるのでしょうか

アメリカといえばニューヨークなどの都市部にある高層ビルが印象的です。
中でもマンハッタンの高層ビルは1860年にはあったという位高層ビルの街として古くからあるのです。

しかしその高層ビルばかりのイメージが強いマンハッタンには高層ビルが立ち並ぶエリアと高層ビルが無いエリアが存在しているのをご存知ですか。
それは地盤によるものなのでしょうか、それとも建築を推進する経済に理由があるのでしょうか。

マンハッタンの高層ビルがあるエリアは地盤のしっかりしたエリア、それ以外の建物が低いエリアはそこまで地盤が丈夫ではないエリアになります。
1860年から始まり100年以上かけて今のマンハッタンの街ができてきたのです。
つまり日本が鎖国状態の江戸時代にはすでにこの高層ビルの街は生まれていたと言うから驚きです。
ぜひ、マンハッタンに行く際は、1860年以降の古い写真と見比べるのもいいかもしれないですね。

引用
https://www.facebook.com/CheddarOriginals/?fref=tag

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. スマートフォンは紛失してしまってもGPS機能が付いているので、センターや他の端末から問い合わせて位置…
  2. 毎日の化粧ほど大変なものはありません。明らかに化粧しているような濃いめのメイクだとケバいと言われ、ナ…
  3. プエルトリコの小高い丘の中にバルコニーがプライベートプールになっているホテルがあります。 …
ページ上部へ戻る