インド初の世界遺産都市の見事な建築

インドの都市・アフマダバードの15世紀の城壁都市は、インドのグジャラート州のサバマティ川の東岸にあります。バドラ城塞、モスク、墓、ヒンズー教寺院およびジャイン寺院は、スルタン時代の建築遺産として祝われています。

アフマダバードは、生きている近代都市であり、過去の素晴らしい遺物でもあります。
サバーマティ川のほとりにあるインドの有名な城壁都市は、国内初のユネスコ世界遺産の都市です。グジャラート王国のスルタン・アフマド=シャーによって15世紀初頭に建てられ、伝説によればスルタンは川岸に沿って犬を追いかけていると珍しい壮大な光景を目の当たりにしこれをな何かの予兆だと考え、その後首都のある場所を選んだという伝説があります。

街は1573年にムガール帝国によって征服されました。ムガール帝国はさらに緑豊かな庭園で都市を飾りました。六十年後、アフマダバードは飢饉に襲われ、黄金時代の終わりの始まりを告げました。何世紀にもわたって一連の征服が行われた後、最終的にインド独立のためにマハトマ・ガンジーの非暴力を提唱した独立運動の中心になった。訪問者は街の郊外にある川岸に建設されたガンジー・アシュラム(ガンジーの独立運動がわかる家)への巡礼を引き続き行うことができます。

市内の歴史的中心部は、緻密に彫られた柱やアーチ、華麗な門が飾られた石造りの壁が印象的です。この街は、宗教的、文化的影響のモザイクであり、後にモスクはヒンドゥー教とジャインの寺院を維持しています。


アフマダバードで最も美しいモスクのひとつと考えられている複雑に刻まれた砂岩で有名なジャマ・マスジド(Jama Masjid)(上記)

旧市街の中心はバドラ砦で、1411年に王宮が建てられました。砦の要塞壁には、王宮、モスク、公共広場が収容され、43エーカー(17,4015平方メートル)の敷地がありました。要塞の外にある、15世紀までさかのぼるジャイン・モスクは、インドで最も美しい建築物の1つで、外の混沌とし​​た近代都市からの逃れた平和な場所です。

モスクは複雑な装飾と彫刻がされた黄金の砂岩から切り取られました。メインとなる祈りのホールでは、260本の本物の森が屋根とその15個のドームを支え、魅力的な光と影を演出します。アーマド・シャーの墓が近くにあり、また、彫刻された窓、ドーム、および尖塔が飾られた壮大な観光スポットでもあります。

もう1つの人気のあるサイトであるJhulta MinarやShare Minaretsは、複雑な彫刻が施された3階建ての大きな梁と工学的好奇心の両方併せ持つ美しさで知られています。ミナレットは、一方が揺れると他方が振動し、その間の連絡通路は静止しているように設計されています。

引用
https://www.facebook.com/ngcjapan/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インド…
  2. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  3. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
ページ上部へ戻る