これでラクラク!握力がないなんて言わせない

瓶を開けるとき、蓋が開かなくて手が滑ってるから開かないのかなと軍手を探してきたり、握力がないのかなと握力のありそうな人に任せてしまったり、結局開かなくて諦めたりということはないでしょうか。

このオープナーは調整可能なグリップを備えており、あらゆるサイズの瓶に対応可能です。
あなたがしなければならないのはボタンを押すだけ。
簡単なオープナーは瓶の開封のために家族に瓶を開封してほしいとお願いする必要はありません。

簡単なオープナーは少しの握力で、開封するために誰かにお願いしていた方々にも最適です。
単3電池2本(別売り)で動作します。
使用するにはこれを瓶の上においてボタンを押すだけです。アームが瓶を掴むので動いている最中は手で抑える必要はありません。

瓶の蓋の位置に本体の口のような部分を乗せてスイッチを押すだけでわずか15秒で開封ができちゃうこのオープナー、その名も【Easy Opener】という商品でその名の通り簡単に開けることができます。
しかも価格は日本円で2,000円前後とあってとてもお手頃価格。
これなら握力が弱くても手が不自由でもお子さんでも簡単に開封できますし、今まで開くまで戦っていた開かない瓶もこれなら時間を節約できるので空いた時間でゆっくりすることができます。

動きがUFOキャッチャーで商品をつかめなかったときのアームの動きに似ているので、ゲームセンターでUFOキャッチャーをやるたびに瓶のことを思い出すか、それとも瓶を見ていてUFOキャッチャーがしたくなる方も出てくるかもしれませんね。

引用:https://www.facebook.com/IWantOneByHowlers/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インドとバングラデシュに広がり、独特のマングローブ林で有名です。 このアクティブなデルタ地域は、世界最大の地域の1つであり、面積は約40,000平方キロメートルです。 シュンドルボンの森は、インドとバングラデシュ全体で約10,000平方キロメートルあり、そのうち40%がインドにあり、河口のクロコダイル(Crocodilus porosus)、ロイヤルベンガルタイガー(Panthera tigris)など、世界的に脅威にさらされている珍しい野生生物が数多く生息しています。 ミズオオトカゲ(Varanus salvator)、ガンジスイルカ(Platinista gangetica)、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)。 インドの森林は、スンダルバンスタイガーリザーブと24パルガナー(南)森林課に分かれており、バングラデシュの森林と合わせて、トラが見られる世界で唯一のマングローブ林です。 インドのスンダルバンスデルタは、その独特の生物多様性のために、1973年以来WWF-インドの優先地域となっています。 野生のトラやその他の野生生物のかなりの数を支えている一方で、450万人以上が住む、生態学的に脆弱で気候的に脆弱な地域でもあります。 スンダルバンの未来、その生物多様性と人々を確保するには、持続可能な生計の確保、クリーンで持続可能なエネルギーへのアクセス、効果的な人間の野生生物の紛争管理などの短期的な介入とともに、気候適応と保全戦略を統合できる長期ビジョンが必要です。 この景観に対するWWF-インドのビジョンは、生物多様性、生態系サービス、持続可能な開発をサポートする気候に強いスンダルバンを開発することです。 シュンドルボンのWWF-インドの歴史 1973年:プロジェクトタイガーの開始以来、シュンドルボンに参加。 1974年に野良トラの最初の静穏化でスンダルバンス森林局を支援しました。 1976年:インドのネイチャークラブなどのイニシアチブを通じて環境教育活動を実施。 森林資源への依存を減らすための設備とトレーニング、およびコミュニティの関与により、森林局を支援しました。 2007年:生物多様性の保全と気候変動の問題に対処するために、専用のシュンドルボンプログラムを設立しました。 景観戦略は、生物多様性保全、気候変動への適応、エネルギーアクセスの3つのテーマ分野に焦点を当てました。
    シュンドルボンについて シュンドルボンはベンガル湾に浮かぶ低地の島々の集まりで、インド…
  2. さて、もうすぐハロウィン。日本ではタダのコスプレイベントとなってきておりますが、本来のハロウィンは毎…
  3. 「この列車はチョコレートとチーズのツアーにあなたを連れて行く」なんてツアーがあったら、思わず飛びつい…
ページ上部へ戻る