猫がイギリス外務省に 野良猫から「ネズミ捕獲長」へと大出世!

ヨーロッパから可愛い?、いやカッコイイ情報が舞い込んできました!

イギリスの外務および英連邦省に猫が就職したそうです。肩書きは「ネズミ捕獲長」
ネズミ捕獲長になったのは、2歳の「Palmerston」

それにしても2歳にして外務省に勤めるなんてすごい〜。Palmerstonは街中をさまよっていたところを動物保護団体のBattersea Dogs & Cats Homeに保護されたそうで、そこからまさかの大抜擢!同団体からは以前にも、首相官邸のネズミ捕獲長として猫のLarryが引き取られているとの事です。近所の首相官邸に住むLarryとの交流もお仕事のうちだとか。

l_ah_pa1
画像元Battersea Dogs & Cats Homeより

Palmerstonの仕事内容はネズミを捕まえること、各国からの来客へのあいさつ等、パトロールしているとき以外は事務次官のオフィスにいる予定です。ちなみに1850年代に首相を務めた第3代パーマストン子爵にちなんでPalmerstonという名前になったそうです。

ah_pa2
画像元Battersea Dogs & Cats Homeより

みんなちゃんと働くのだにゃ〜。

PalmerstonのTwitterも開設。
今後の活躍が期待されます。

捕獲長としてご健闘お祈りしています!!頑張れ、Palmerston!!
一匹もネズミを逃さぬように〜!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. スマートフォンは紛失してしまってもGPS機能が付いているので、センターや他の端末から問い合わせて位置…
  2. 毎日の化粧ほど大変なものはありません。明らかに化粧しているような濃いめのメイクだとケバいと言われ、ナ…
  3. プエルトリコの小高い丘の中にバルコニーがプライベートプールになっているホテルがあります。 …
ページ上部へ戻る